車を売るなら!初心者マークの売却研修

基本はこれだけ!車の売却に必要な書類と査定の準備

車を高く売るには?タイミングを狙おう

中古車をなるべく高く買い取ってもらうためには、車を売り出すタイミングをうまく活用するコツがあります。中古車は、時間が経過するほどに価値が下がっていくのはもちろんですが、車のモデルチェンジの影響で査定額が下がるケースもあります。特に、軽自動車やハイブリッドカーなどのエコカーは、モデルチェンジで査定額が下がることがあるので注意が必要です。

また、中古車のニーズによっても査定額が変わります。年間でいうと、1月~3月と9月・10月は高く売れる時期だといわれています。これは、進学や就職の前などで車を購入する人が増えるタイミングだからです。

できるだけ車を高く売りたい!という方は、自分の車が高く売れるタイミングや査定基準について詳しく話を聞き、交渉していくと良いでしょう。

必要書類を確認!焦らない書類の準備

車を売却する際に用意しなければならない書類が何点かあります。買取業者を探したり査定額を検討していくと同時に、書類の準備も進めておくと売却の流れがスムーズになります。
契約前に焦って書類の準備をはじめると面倒にもなりますので、早めに少しずつ準備しておくのがおすすめです。

車の売却時に用意する書類は、基本的に以下の5点です。
1、車検証
2、自動車納税証明書
3、自賠責保険証明書
4、自動車リサイクル券
5、印鑑(普通自動車は3カ月以内の印鑑証明書も必要)

用意する書類はそれぞれの車によって多少違ってきますが、こちらを参考に準備を進めてきましょう。注意点としては、売却時に「車検証」の有効期限が残っていることが必須です。また、納税証明書も有効期限を確認しておきましょう。
有効期限が切れている書類などがあれば、早めに査定士に相談したり、更新の準備をしておけると安心ですね。